NaraWeb  
Since
December 16 2001

Home

パソコンサポート日誌
(ブログ)

あなたの街のお店ガイド

FONアクセスポイント

料 金

機器購入手数料

パソコン個別指導

パソコンサポート

ホームページ作成

パソコントラブル解決
ヒント集

当店が作成した
ホームページ

特定商取引法による
表示

NaraWeb
〒289-2102
千葉県匝瑳市椿1269-4
TEL:0479-72-1395
PHS:070-5662-4412
MAIL:naraweb@nifty.com
特定電子メールはお断り
定休日:毎週火曜日
営業時間:9時〜16時
運営責任者  奈良英雄


リンク集

MacOSXの使い方
ファイルの保存
 パソコンは電源を切ると作業した内容は消えてしまいます。パソコンを使うたびにまた最初から作業をするのでは大変な事です。 そこで、作業した結果を保存する必要があるわけです。人間の場合は何かの作業をしたときに結果をノートやレポート用紙などに 記録しておきますが、パソコンはハードディスクという磁気で記録する装置に記録します。磁気による記録ですから、電源を切っ ても消えないのです。ここでは、NeoOfficeというソフトを例に保存をしてみます。
1.  NeoOfficeのワープロに何かが書いてありますが、この文書を保存してみます。まだどこにも保存してない文書 の場合と、保存してあった文書の更新では保存方法が違います。
保存する文書
2.  新たに作った文書を保存する場合

「ファイル」メニューをクリック

どんなソフトを使っていても、保存は「ファイル」メニューです。覚えておきましょう。

「ファイル」メニュー
3.  「名前をつけて保存」をクリック
名前をつけて保存
4.  ウインドウが開きますから、名前をつけます。わかりやすい名前を付けてください。
名前をつける
5.  名前をつけたら、次に保存する場所を決めます。ウインドウの左のフレーム(古いOSの場合はウインドウの上の場合 もあります。)に「書類」というのがあります。「書類」を選んで、「OK」ボタンをクリックします。これで保存され ました。

 保存場所は書類フォルダでなくても保存できてしまいますが、後でどこに保存したかわからなくならないように、なる べく書類フォルダに保存してください。

また、書類フォルダ内にフォルダを作って整理する事も出来ます。試行錯誤してみてください。

パソコンは、ここに書いた方法で使わなければならないわけではなく、自分の使いやすい方法で使えばいいのです。勘を 働かせていろいろいじってみる事が大事です。

保存
6.  保存されていた文書を更新する場合

「ファイル」メニューをクリック
「ファイル」メニュー
7.  「保存」をクリック。これで保存されました。
保存

Copyright (C) 2008 NaraWeb,All Right Reserved.